福祉用具・医療機器のレンタル・販売

「福祉用具(介護用品)貸与(レンタル)」は、ご利用者さまのご希望や状況等をお聞きしながら、適切な福祉用具をレンタル・販売するサービスです。お問合せは担当のケアマネジャー(介護支援専門員)や福祉用具専門相談員までご相談ください。
また、福祉用具・医療機器については下記の内容を取り扱っております。

福祉用具について

お客様のご要望に迅速且つ充分にお応え出来る体勢を整え、最適な用具のレンタル・購入をご提案いたします。福祉用具の取り扱いは下記の類別となります。

 1 福祉用具レンタル
 2 福祉用具販売
 3 住宅改修
 4 医療機器のレンタル・販売

1 福祉用具レンタル 商品例

(H30.10.1~)

用品の種別
月額
利用料金
利用者
負担額
(1割)
商品イメージ
※写真と料金は異なる
場合があります。

車いす
(自走/介助用)
3,400円~340円~  

車いす付属品
(クッション、テーブル、延長レバー等)
180円~18円~  

特殊寝台
4,000円~400円~  

特殊寝台付属品
(マットレス、サイドレール、テーブル等)
460円~46円~  

床ずれ予防用具
(エアーマットレス、体圧分散マットレス等)
1,980円~198円~  

体位変換器
(体位の保持、変換を目的とする物)
1,280円~128円~  
手すり
(取り付け工事を伴わない物)
2,000円~200円~  
スロープ
(取り付け工事を伴わない物)
300円~30円~  
歩行器
(歩行器/歩行車)
2,000円~200円~  
歩行補助杖
(松葉杖/多点杖等)
1,000円~100円~  

認知症高齢者徘徊感知機器
4,100円~410円~  

移動用リフト
(吊り具の部分を除く)
10,800円~1,080円~  
自動排泄処理装置
(本体のみ)
8,220円~822円~  

 表示がないものについては、要支援、要介護1の方もレンタル可能です。
(利用制限について:要支援・要介護1の方でも医師などが必要と認めた場合、利用可能です。)
※2018年8月のサービス利用より一定所得のある人は利用者負担額が2割、3割になる場合があります。
(毎年7月頃に住民税で用いる前年所得データを基に判断・決定がなされ、市・町・村より利用者へ「負担割合証」が送付通知されます。)
※詳しくは、最寄りの営業所までお気軽にお問い合わせください。

2 特定福祉用具販売

※特定福祉用具の購入につきましては、1年間(4月から翌3月)で10万円が限度です。指定事業所からの購入でないと対象となりません。
※事前申請又は購入後の申請が必要となります。
※詳しくは、最寄りの営業所までお気軽にお問い合わせください。

[腰掛便座]

和式トイレの上に置くもの、補高便座、ポータブルトイレなど

[自動排泄処理装置の交換可能部品]

自動排泄処理装置の尿や便の経路となる部品部分

[入浴補助用具]

入浴用いす・手すり・すのこ・移乗台・介助ベルト

[簡易浴槽]

工事を伴わないもの
移動浴槽

[移動用リフトのつり具部分]

リフトに取り付けるつり具

3 住宅改修

*要支援の方から要介護の方まで、1人あたり「20万円まで」のサービスを1割(2割・3割)の自己負担で受けられます。

お年寄りが家族の人達と末永く暮らしていけるようそれぞれの家族、家に合ったサポートをいたします。主な住宅改修は、下記の類別となります。

1 手すりの取り付け
2 段差の解消
3 滑りの防止及び、移動の円滑化等のため床又は、通路面の材料の変更
  (例:畳からフローリングへ)
4 引き戸等への扉の取り替え・引き戸等の新設
5 洋式便器などへの便器の取り替え
6 その他上記の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

※事前の申請が必要となります。
※詳しくは、最寄りの営業所までお気軽にお問い合わせください。

4 医療機器レンタル・販売

※介護保険適用外商品になりますので、全額自己負担となります。
※月額レンタル料とは別に、買取付属品として別途料金がかかります。
※詳しくは、最寄りの営業所までお気軽にお問い合わせください。

● 小型卓上吸引器

月額レンタル料:3,500円

takujoukyuinki
● 卓上型ジェット式ネブライザー

月額レンタル料:2,500円

● 吸引吸入両用器

月額レンタル料:5,500円

kyuinryouyouki

福祉用具・医療機器の取り扱いの詳細、住宅改修等のご相談

有限会社 介護福太郎若松営業所、有限会社 介護福太郎喜多方営業所

までお電話ください。
■お電話をお待ちしております■

若 松 0242-25-0620

喜多方 0241-23-5170